top of page

古着の価値​と問題点

① ファストファッションの流行により買い替えサイクルが高速化。

 

② 古着の多くは化学繊維が多く使われておりリサイクルできないものが多い。

(アクリル・ポリエステル・レーヨンなどがあげられます)

 

③ 輸出する古着は東南アジアの暑い国へ送られる為、ウールやアクリルなど冬素材は不要。

 

④ 不要になった古着の出し方が認知されていない。

弊社では様々な古着が工場に集まりますが、それらは全て使えるものではなく状態も様々。

多くを分別しても、ごく一部しかリサイクルされていません。

 

 

まずは正しい古着の出し方を

※古着は各市町村の決められた曜日に出してください。

​【 古着としてだせるもの 】 

着用可能な衣類、肌着、靴下​、毛布、シーツ、タオル、きれいなカーテン

(注)・透明または半透明の袋に入れる。

・雨や雨の降りそうな日は出さないでください。濡れてしまうとカビの原因となりリサイクルできなくなります。

・汚れているものや破れているもの、濡れているものは燃やせるゴミの日に指定収集袋に入れて出してください。

 

【古着として出せないもの✕】

カーペット、クッション、まくら、トイレマット、スリッパ、ペット服やペットの毛が付いたものや匂いがあるもの、使用済ストッキング・・・

 

 

 

そして一番の問題点は多くの素材が混在しており再利用するのが難しいという理由があります。

そこで、弊社では古着の価値を見出し​資源化できる様、取り組みをしています。

廃棄されるウールセーターからウール糸の開発・古着の素材をメインの材料としたプロダクトへの商品化

bottom of page